初心者の方にスジの読み込みの話をすると、特殊な戦略だと誤解される方がいます。しかしそれは誤りです。麻雀は決して行き当たりばったりの勝負事ではありません。綿密な戦略で勝ちに近付くゲームであり、その意味では極めて知的なゲームです。裏を返せば、戦略を持たずにゲームに参加しても勝つことはできません。相手が弱い場合でも、相手より精度を高める必要があります。初心者の人であれば、筋が通った時の次の一手くらいまでは読んでおいた方が良いでしょう。筋が通れば別の脅威が出現しますから、その脅威にアタられる状況を予測しなければなりません。万一通っていないスジを切ってしまえば、それがテンパイなら大変なことになります。また臨機応変な対応も必要だと心得ておきましょう。例えば多くのスジがアタらないとなると、即座に対応することが必要になります。どう考えても不自然な状況ですから、愚形待ちを疑わなければなりません。もちろん偶然アタらない状況が続くこともあるでしょうが、可能性が高いのはタンキ待ち、シャンポン待ち、カンチャン待ち等だと考えるのが自然です。明確な基準は存在しませんが、50%以上のスジが通った時は注意しましょう。ところでスジを読み込むのに疲れて現物に頼ろうとする人がいますが、それは大変危険です。特に現物が弱いのであれば、確実に通る牌だけを捨てるようにしましょう。最後に豆知識を伝授しておきましょう。スジの有効範囲についての知識ですが、「中心より外」が原則だと覚えておきましょう。この考え方は中スジと呼ばれるもので、案外役に立つものです。