麻雀が好きで、かなりの場数を打ち続けたという人であっても、何を軸に考え、どう打つべきかといといった判断基準はあやふやなままという人は少なくないのではないでしょうか。プロの語る「セオリー」的なものも時には全く役に立たずということもあり、うち手に悩んだときに判断すべきポイントと根拠というものの存在は怪しいものであると言えるのではないでしょうか。たとえば、多くの解説書に載っている「裏スジ」ですが、それこそ麻雀の概念の中でも基本的とされる危険牌でありますが、その根拠すら可能性や状況によって変わっていくのだということを実践で学んだことから「セオリー」に対しての疑問がどんどん多くなっていきました。メンツ構成というものにはたくさんの組み合わせがあるため、明確な根拠を設定できること自体がおかしいと言えるのではないでしょうか。本当に強い打ちてというのは、いちいちセオリーに囚われることなく自由にその場を楽しんで打てるプレイヤーであるのかもしれません。