中国では麻雀はオンライン対戦などが人気となっており積極的にプレーする人が増えているという風にも聞いたことがありますし 、日本ではそのような動きは加速していくというふうに考えられているわけです。そうなってくると本来の雀荘のような場所は不要となり家にパソコンがインターネットに繋がった状態で備えてさえいれば、麻雀が簡単にできてしまうということにもなるわけですから、技術革新によってクリーンな風向きが進むというようなことも考えていいのではないか、と言えるわけです。その一方で、麻雀を通してコミュニケーションを図りたいという人も増えているため、インターネットなどのオンライン麻雀ではなかなか作りにくい麻雀仲間などを作るために雀荘に通うというのも一つの正解であるという風に言ってしまって良いか、と思われます。麻雀は、うんという要素だけではなく様々な戦略を練り勉強をしていかなければ勝ち続けることはできず買った時の爽快感を味わうこともできないという点は様々な学びになるかもしれませんし、仕事や大学の授業などの息抜きに頭をの体操をするという意味でも、麻雀はうってつけのものであるという風に入れるのではないでしょうか。全ての人が安心して麻雀を楽しめる環境を整えるということは、とにかく重要であるということになるわけです 最近では子供も麻雀の子供版などを用いて麻雀のルールに触れることも多く家族で楽しく麻雀をすることができるようになってきた、ということも麻雀のイメージアップには欠かせないものであったという風に考えて良いかもしれません 。ダーティなイメージを、とにかく払拭するために麻雀をするという風になれば様々な戦略を練った上でやっていくことが求められているということは間違いなく言えそうです。麻雀は負け続ければ、ストレスが溜まるものであるかもしれませんが、基本的には、脳内のトレーニングにもなりますし、十分に脳のトレーニングに役立つものであるということは間違いないという風に言ってしまっていいのではないか、と思われます。